山梨のグルメ

妹も私も食べることが大好き。特に妹は美味しいお店を巡るのが好きで、
ひょっとするとすでに詳しいかもしれないのですが(笑)、
グルメについても挙げておこうと思います。

・ほうとう
山梨県を中心とした地域で作られる、小麦粉を練りざっくりと切った麺を

野菜といっしょに味噌仕立ての汁で煮込んだ郷土料理。麺は必ずしも
うどん状の長い形であるとは限らず、地域によってはすいとんのように
小さく固めたものを使う場合もある。

・鳥もつ煮
町おこしを目的に作られた甲府のご当地B級グルメ。ニワトリのモツを
砂糖と醤油で照り煮しているので、正確には一般のもつ煮とは違う。
2010年の「第5回B-1グランプリin厚木」に初出場して、見事
ゴールドグランプリ(優勝)を獲得した。

・吉田うどん
富士吉田市をはじめとした山梨県郡内地方で食べられている郷土料理。
富士吉田市にはうどん店が60軒以上もあり、市民1000人あたり1軒
うどん店がある計算になる。

・桔梗信玄餅
山梨のお土産といえばコレ。ひとつひとつが風呂敷のように丁寧に
包まれており、少し触っただけでもプルンプルン揺れ動く。
黒蜜ときなこが、この柔らかい餅に絡まり絶妙。

どれも美味しそうですね~。妹が引っ越したら、遊びに行くついでに
グルメ巡りもしたいです。
そういえば、私もお土産に信玄餅は何度かもらったことがありますが、
最近は信玄プリンも人気だそうですよ。

富士山論争について

昔から、富士山は静岡のものか山梨のものか
両者の間では決して譲れない、熱い戦いが繰り広げられてきました。

話が逸れると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
山梨県とわが静岡県の歴史や尊厳にも関わる大切な問題です。

富士山は山梨県と静岡県のちょうど県境に位置しています。
8合目以上の土地は、静岡県富士宮市の富士山本宮浅間神社の
神社私有地であると裁判でも判決され、8合目以上の土地にある測候所や
電話局などの土地は国有地とされています。しかし山頂をめぐっての
県境問題は、依然として未解決のままです。

ご覧の他県民の方に、両者の主張を少しご紹介したいと思います。

《山梨県民の意見》
・旧5千円札にも今の千円札にも描かれているのが、山梨から見た富士山


・富士五湖が全て山梨県にある。
・富士急ハイランドがある。

《静岡県民の意見》
・静岡県側から見たのが表富士、山梨県側から見るのは裏富士。
・葛飾北斎の浮世絵のような海と一緒に見える富士山は、静岡側。
・富士山本宮浅間大社の住所は、静岡県富士宮市。

他県民の皆さまから見ると、くだらないと思われそうですが
山梨や静岡に生まれ育つ私たちのような人間には、これが昔から
アイデンティテイーの一部なんですよ(笑)。

山梨の県民性②

前章で紹介した山梨県男性の性格は、ひとことでまとめると
「努力家で金に細かい」ということがわかりました(笑)。
ではこれが、恋愛観となるとどうなるのでしょう。

▼山梨県男性の恋愛観
女性にまめでロマンティックな一方で、飽きっぽ面もあるため遊ばれて
終わってしまう可能性も。結婚は遅い方だが、結婚後はマイホームパパに
なる人が多い。ただし中には表面的には家庭的でも、隙を見て浮気に
走る場合もあるので要注意。

なんだか、お勧めしづらくなってきました。。
ちなみに、静岡県女性は静岡男性がのんびりしているぶん活動的な性格。

そのため恋愛も早熟で好奇心旺盛、あけっぴろげで享楽的とのこと。
…今度は、静岡県女性をお勧めしづらくなってきました(笑)。

ところで、ライバルになる可能性の高い山梨県女性の性格は
どんな感じなのでしょうか。

▼山梨県女性の性格・恋愛観
明るく親しみやすい一方、辛抱強い真面目な性格。現実主義で経済観念も

発達しているが、ミーハーで見栄っ張りな面があり流行を気にする。
見かけ以上に女性らしい人が多い。
男性同様、山梨県女性もロマンティストで恋愛には執着するが、
結婚後はしっかり者の主婦に。

なかなか魅力的な印象ですね。
ちなみに、山梨県女性はミスコンで上位入賞の常連なのだとか。
う~ん…かなりの強敵か?!

山梨の県民性

まずは、妹の行く山梨県とはどいうところなのか。
基本的な情報について調べてみました。

▼山梨県の地理
行政上の分類では関東地方又は首都圏だが、地理上の分類では中部地方
(甲信地方又は甲信越地方)に属する。県庁所在地は甲府市。
富士山、赤石山脈(南アルプス)、八ヶ岳、奥秩父山地など、四方を
標高2000m以上の高い山々に囲まれる、数少ない海ナシ県である。
面積の広さは全国で32位だが、8割を山岳地が占めている。
だが交通路が整備されているので、古くから東京都・神奈川県・長野県・

静岡県との交流が盛ん。

さて、妹に山梨県での婚活を薦める上で、お相手としての確率が高いのは

やはり地元の山梨県男性。
次に、基本的な山梨県男性の性格について調べてみました。

▼山梨県男性の性格
山がちで農作物が取れにくいため、古くから、必死で商いに精を出し
全国で成功を収めた。この甲州商人は、金にうるさく負けず嫌いで
執念深いため、他県民から疎まれたという。今日の山梨県男性は、
勤勉で行動力があり、独立心も強い努力家とされているが、金に細かく
見栄っ張りな性格も引き継がれているため、付き合い方には注意が必要。
ただし一方では義理人情にも厚いため、相性が合えばとても信頼できる
相手となりうる。